凪いだ海のように穏やかに…

アクセスカウンタ

zoom RSS 乳幼児のためのプレーパーク

<<   作成日時 : 2008/05/17 01:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今週も、忙しい一週間でした。
ようやく、金曜日の夜に一息ついています。とは言え、明日からの週末も、なんだかんだで忙しいのです…。一応、専業主婦なので、世間一般では相当なヒマ人に思われているかも知れません。私自身、なんでこんなに時間がないのか不思議でなりません。きっと、時間の使い方が下手なんでしょうね。

そんな慌ただしい毎日でも、イベントに参加している間は、のんびりまったりしています。特に、今週13日(火)のK公民館主催「乳幼児のためのプレーパーク」は、実におだやかな楽しい催しとなりました。

降雨予想90%が、ウソみたいに晴れわたって、理想的なプレーパーク日和となりました。
当日は、福岡プレーパークの会のアヤコさんと折居夫妻と事務局スタッフの女性が来て、セッティングしてくれました。折居夫妻は、大分の前津江村でキャンプ場を営み、木工細工でオモチャなどを作っています。おもちゃに関しては、おひさまとかぜのHPをごらんください。まるで、北欧のオモチャ?と言いたくなるくらい、丁寧で可愛らしくてセンスの良い作品が多いです。

画像

      折居さん手作りの木のおもちゃ「がっくん」であそぶ海凪  いつの間にか裸足になっていた…

画像

         木のパーテーションは、トンネルにもサークルにもなる。

他にも、ステキな道具たちが、普通車の荷台にコンパクトに乗せられてやって来たわけですが、子どもたちと一緒に遊んでしまったので、他のおもちゃの写真を撮るヒマがありませんでした(残念っ!!)。

上の写真の屋根代わりにかけられた美しい布が気になって、アヤコさんに尋ねたら…。
「ほら、昔、シドニーにいた時にね、子どもたちがシュタイナーの幼稚園に通っていたのよ。そこで、染めたものなのよね。でも、私、個人的には、草木染めの方が大好きなのよ」とハキハキ答えるアヤコさん。さすがです。世間一般の田舎者代表のような私には、とても言えないセリフです。はい。でも、全然イヤミに聞こえないところが、彼女の魅力でもあります。

染色の知識が全くなかったので、折居・妻やアヤコさんにいろいろと聞いてみました。今は、口に入れても大丈夫な染色が販売されていること、スポンジなどを使って美しいカラフルな色に染められること。古いシーツなどをカラフルに染めて、オリジナルの鯉のぼりを作るワザも教えもらいました。
「色止めには、ビネガーを使えばいいのよ」というアヤコさん。
「そうか、お酢ねっ!」と横で頷くkinoさん。
オシャレなアヤコさんが「ビネガー」と言うのに対し、kinoさんが「お酢」というと、どうも「米酢」か「健康黒酢」のように、別のもののように聞こえてしまうから不思議だ(失礼っ!!)。

画像

  ふろしき遊びが大好きだった子どもの為に、染色した布で作った自称ガッチャマンの衣装 

これは、アヤコさんの手作り。カワイイデザインの衣装は、ちゃんとロックミシンで縁取りされていました。正に、感動ものです。ガッチャマンというより、ファンタジーな鳥のイメージでした。ムリヤリ、海凪に着せていたけれど困った顔をしていたので、後半は母がかぶりました。ちょっと、怪しいオバサン?です。

画像

        染色したシーツ大の布とロープで作ったハンモック型ブランコ

一緒に、中に入っているのは、UさんちのK君。小さな恋人たちみたいで可愛らしくて、思わずパチリ。K君は、このブランコが、とても気に入っていました。何度も「揺らして!」とおねだりされてしまいました。カワイイので、何度も揺らしていたけれど、海凪と一緒に入っていると狭くなったようで、最後は自力で脱出していきました。

画像

            脱走するK君。「もう行くの?」と言いたげな海凪。 (でも、出ない)

そして、最後は、お約束の『まきまきパン』。本当は、一緒に生地をこねるところから始めたかったけれど、既に、公民館の職員さんたちが材料を量ってまとめてくれていました(kinoさんおつかれさま!)。1人分ずつまとめた生地を、竹の棒に巻き付けて、ドラム缶の炭火でじっくり焼きます。至れり尽くせりのプレーパーク。材料費50円では、申し訳ない内容でした。

画像


画像


誰かのママが、塗ってくれたチョコペーストで、ベタベタになってしまった海凪。とても美味しそうに全部食べていました。本当に、炭火だけで、こんな美味しいパンができるなんてビックリです。私も、無糖のピーナッツバターに蜂蜜をかけて食べました。すごく美味しかったです。

今回のプレーパークでは、カラフルな布の美しさに目を奪われました。どぎつくない素朴なやさしい色の布があるだけで、「土・火・水・木」だけのプレーパークが、よりステキに演出されます。「ナンパなプレーパーク!」と思わないでくださいね。乳幼児向けには、こんな演出も大切なものだと思います。

「かてて!ひろば」でも、夏のイベントに野外で水遊びしながら、家の古いシーツや布地を染めたいねぇと、副代表のMさん(手芸名人)と話したことでした。染めた布地で、「かてて!ひろば」用に子どものコスプレ衣装なんかを作ると楽しいだろうねぇ…なんてことも(^^)

実現するといいなぁ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。
みなぎちゃん元気そうですね。そして渡辺さんも・・・。
プレパークの様子、いいですね。

草木染め。
やりましょう。
夏休みなら時間がとれるかも知れません。
二段ベットやおじいちゃんがTVを見るときに使う折りたたみのベット(わかります??横たわるところがなぜ課ビニール製のもの)を使って、子どものころテント遊びをしていたのを覚えています。
布で子どもだけの基地を作るのは、秘密めいて友達との仲間意識を高めますよね。


追伸 ひなは、保育園児になってずいぶん変わった見たいです。
   ずいぶん落ち着いてきて、まずは一安心です。
   「ひなの友達は、みなぎちゃん」と時々言うんですよね・・。
   同じ匂いを感じているのでしょうか????失礼。
もう・・・ひな怪獣ではありません
2008/05/24 07:19
ひな(旧・怪獣)のママさんへ

ご無沙汰しております。
ある筋から、社会復帰されたママさんが、職場でキラキラと輝いていたという目撃情報が入ってきています(^_^)v

ひなちゃんも、お元気そうで何より!!みなぎのコトを覚えてくれているんでしょうか?嬉しいなぁ♪

「かててひろぱ」に来られるママで、育児に疲れている方に、時々ひな怪獣とそのママの話をしてあげます。皆さん、「そんな大変な子育てを…」と顔を少し青ざめさせ「この程度で悩んでいたなんて」と、たいてい前向きになられます。
ごめんね。勝手に引用しちゃって。

さてさて、夏休みなら参加できますか?
おうちにある古いシーツやTシャツなんかを捨てずに、とっておいてくださいね。すでに、実行派の○鍋さんが染料を発注しています。草木染めよりもハッキリした色になると思います。どんな色に染まるか楽しみですね。

いっそ、「かてて!」の旗でも作りましょうかね(^o^)
凪ママ
2008/05/31 01:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
乳幼児のためのプレーパーク 凪いだ海のように穏やかに…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる