凪いだ海のように穏やかに…

アクセスカウンタ

zoom RSS 歩き続けた今年のGWB

<<   作成日時 : 2008/05/09 02:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


子育てサロン「かてて!ひろば」で、MさんからGW中に小石原のぽーん太の森にキャンプに行くという話を聞いたので、思わず、わが家もキャンプに行こう!と思い立ち、ぽーん太の森に予約の電話をしました。以前から、気になっていた場所です。日田方面に向かう途中かならず横を通り過ぎていたのですが、川遊びができそうなきれいな小川沿いに木製の遊具やターザンロープがあって、ココに泊まったら楽しいだろうなぁと思っていました。コテージは高いけれど、キャンプサイトは、一張り1050円のみ。入村料などは一切必要なし。まるで、わが家のためのような格安キャンプ場!夫の同僚のIさん家族も、誘ったら一緒に来ることになりました。

残念ながら、Mさんの宿泊する日は満員で、一日ずれて最終日の5〜6日に宿泊することにしました。

しかし!

天気予報がしっかり当たって、かなりの大雨
家を出る時は、そうでもなかったのに、小石原に着いてから、ザーザーと一向にやむ気配なし。仕方ないので、近くのうどん屋さんで昼食を食べたり、物産館で買いものをしたりしながら様子を見ていました。やがて、日が差してきて雨もあがりました。

いざ、キャンプ場につくと、かなり高低差のある作り。山間にムリヤリ設営したようなキャンプ場なので、予約した区画はかなり上の方。荷物を持っていくだけで、とても疲れました。トイレや炊飯施設も下なので、上り下りが大変でした。

1日目は、Iさんが持参してきたソーセージマシーンで豚肉のソーセージを作り、薫製用の器具を使ってソーセージとチーズとゆで卵の薫製作りに挑戦しました。ソーセージは、ボイルしたては美味しかったけれど、スモークにするとパサパサになってしまいました。ゆで卵もチーズも大人は「美味しいっ!」と感動したのですが、子どもたちは全員「けむり臭い」と不評(海凪だけは、関係なくニコニコ食べていた)でした。夕飯のメインメニューは甘口カレー。大地が上手に作ってくれました。子どもたちが成長すると、テント張りや荷物運びはもちろん、料理まで手伝ってくれるので助かります。

その分、今まで寝袋3個で足りていたのが、全然足りなくなってくるという不具合も出てきます。今回は、特に、夜が更けてから急激に冷え込んだので、寒くて寒くて寝付けませんでした。メタボ夫が寝袋1個。長男と次男2人で寝袋1個(さすがに窮屈そう…)。私と愛花と海凪は、寝袋1個を広げて敷き布団状態にし、持参した厚手の毛布を2枚重ねて眠りました。寝相の悪いお嬢さん達が、毛布から出ないように気を遣っていたのでそのせいもあって、なかなか寝付けませんでした。

Iさんが、食後の焼酎のお湯割りを呑みながら「『ゴールデンウィークのキャンプは寒い』というのは定説」と何度もつぶやいていました。確かに、昨年のGW中のキャンプも寒かったなぁ。

翌日は、一気に晴天。今朝方の寒さがウソのように暑くなり、ゆだりながらの撤収作業。更に、登ったり降りたりで、とても疲れました。家に帰ってきて、みんなのひと言。
「あぁ、やっぱり家が一番いいよねぇ!」

画像

      撤収作業の合間に、1人ぽたぽた焼を満足そうに食べている海凪 平和そう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ステキなGWでしたね〜。
たくさんたくさん歩いてminagiちゃんもご家族も鍛えられたでしょうね(*^▽^*)ワイワイ楽しそうな雰囲気が伝わってきます。
それにしてもminagiちゃん、本当にめきめき成長してますね☆
山道も頑張って歩いたみたいだし。
そして、途中でおんぶしてくれるお兄ちゃんの存在が羨ましいです(≧◇≦*)きょうだいが多いとそうゆう面でも親は助けられますね♪

私は小さい頃からGWはどこにも出かけず、地元のお祭りに行くという生活でした。
が、結婚する年に旦那さんと地方へ出掛けたところ、物凄い渋滞&人混みに遭い、GWはもう二度と出かけまい!!と誓いました(笑)。
ちっこいの
2008/05/14 12:25
■ちっこいのさん
ご無沙汰しております(*^_^*)
ヒカリちゃんの成長ぶりも目を見張るものがありますよ!ちゃんと、妹のお世話をしているところなんか、感動的ですよね。海凪は、反対に下がいないから、メルちゃん人形をネコかわいがりしています。
プラダーの子は、世話好きだという話をよく聞きますが、人形遊びが大好きという点も、その延長かも知れませんね。食べものに対する執着を忘れさせる時は、人形を与えて一緒に遊ばせるとなかなか効果的ですよ♪

GWは、私も特にどこかに出かけた覚えはなくて、テレビに映し出される大渋滞や駅でのお別れの場面を見ながら、「大変そう」と半分妬ましく思いながら眺めていました。
子どもたちに「来年は、大荷物を持って、わざと空港か新幹線のホームに立って、取材されてみようか?」などとバカな提案をしてみました。結果は、もちろんボツでした。(ヒマっ)
凪ママ
2008/05/15 23:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
歩き続けた今年のGWB 凪いだ海のように穏やかに…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる